So-net無料ブログ作成
広告スペース

猿の惑星:創世記(ジェネシス) あらすじ

猿の惑星:創世記(ジェネシス) あらすじ

一匹のチンパンジーに人間なみの高い知能があらわれる。
そのチンパンジーにはアルツハイマー病の新薬が投与されていた。
ある日警備員を遅い射殺されてしまう。

チンパンジーは妊娠しており子どもが産まれ
ウィルが引き取り育てることに。

⇒映画を見る     (楽天)

3年後、猿とは家族のようになっていた。
その猿の知能も優れており
新薬の効果を確信したウィルは、
その薬をアルツハイマー病の父に投与した。

父は今までが嘘のように生気を取り戻す。

それから5年後。
父は再び病状悪化の兆候を示し、隣人とのトラブルを引き起こす。
守ろうとした猿が隣人を傷つけてしまい施設に入れられることに。

施設では飼育長の虐待に虐待されていた。
しかし、ボスちんぱんじーとの争いに勝利し
全ての猿たちをひとつのグループにまとめ上げていく。

高い知能をもつシーサーは施設から脱出し
仲間のチンパンジーらと共に、人間との戦争をおこす。
⇒映画を見る     (楽天)



Copyright © ようこの日記 All Rights Reserved.
無料占い

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。